多くの方の株式投資を始める理由は、お金を稼ぎたいでしょう。実際に稼ぎに重きを置いた際に、銘柄の注目ポイントとは何なのでしょうか?

笑っている男女とグラフ
  • ホーム
  • 機関投資家の株式購入を予兆する方法

機関投資家の株式購入を予兆する方法

機関投資家は他の投資家に知られないように株式を購入していき、株価が上昇トレンドになったときに、うまく売り抜いて売却益を出します。
一般の投資家が機関投資家の株式購入を予兆することは難しいことですが、ある条件を満たしている場合、予兆できる可能性が高くなります。

その条件とは過去数年間は業績が良く、将来的にも業績を伸ばしそうな、時価総額100億円未満の中・小企業の銘柄です。
発行済み株式総数の5%を超える株を保有すると、大量保有の状況を開示する義務、いわゆる、5%ルールが適用されます。
時価総額100億円未満であれば、機関投資家が5億円分の株を購入すると、5%ルールに則り、保有状況を開示しなければいけません。
機関投資家の運用資金から考えれば、容易に5%ルールが適用され、他の投資家に投資先を知られてしまうため、一般的に時価総額100億円未満は投資対象外になります。

機関投資家はユニバースと呼ばれる組み入れ候補の銘柄群を作成します。
ユニバースを作成するためには、機関投資家の運用方針に適した銘柄の中から、企業資産や業績などの一定の基準を満たしている銘柄に絞り込みます。
しかし、時価総額100億円未満の銘柄は投資対象外となるので、ユニバースの候補銘柄にもならず企業を調査することはありません。

しかし、100億円を超えると、ユニバースに含まれる可能性が出てきます。
そして、高い運用リターンが期待できれば、機関投資家の投資対象銘柄として注目を浴びることになります。

一般の投資家であれば、業績も良く、時価総額が100億円付近の中・小企業の銘柄の株価が底固くなっていれば、機関投資家の株式購入の予兆と読むことができます。